› Dazzling People › バレエ › *堀内秀典さん*3

2009年10月02日

*堀内秀典さん*3

そして、
昨年末に無事手術を終え
彼の苦悩の日々は幕を閉じました。
これから先の人生も、
一人孤独ではなく
クローン病と共に人生を歩めることに
心から感謝しているそうです。

「病気に対しても愛情があるんです。
 病気は自分と一体化しているから。
 無くなったら、悲しいと思う。」
と言います。

1年前の自分では言えなかった、
手術をして初めて湧きあがった気持ち。


今年から再び生きよう、と。




そんな彼を祝福するかのような
素敵な出演依頼が次々に舞い込んで来ます。
そして、
不思議な出来事もありました。

高千穂で行われた
『樋口久美子言霊ライブ』の時
雨の中、ご神木の前で
童謡やアヴェ・マリアを
夢中になって弾いたそうです。
終演後、気が付いたら
何故か濡れていない・・・。
ピアノも無事。

これは神様が、
最後までピアノを聞きたいと思ったに違いない!
と、考えずにはいられない
出来事でした。

今週末はお伊勢さまで
ピアノを弾くご縁を頂いたそうです。
その邪念の無い音色を
また天まで響かせて欲しいものです。



「願い事は無い。
 感謝しかない。」


そう言う彼の好きな言葉は
「雲上蒼天」
清んだピアノが
またミラクルを起こしそうです☆

ほりっち先生、
その太陽のような温かさで
いつまでも
バレリーナたちを
照らしてあげてください。






同じカテゴリー(バレエ)の記事画像
*堀内秀典さん*2
*堀内秀典さん*1
同じカテゴリー(バレエ)の記事
 *堀内秀典さん*2 (2009-10-02 00:55)
 *堀内秀典さん*1 (2009-10-01 23:57)

Posted by ほあしまり at 01:58│Comments(7)バレエ
この記事へのコメント
先日、とある披露宴会場で堀内さんのピアノをお聴きしました。感動して、身を乗り出して演奏される姿をみて、そして心で聴き入りました。伊勢神宮で演奏されたという曲を聴きながら、きっと伊勢の神様は彼の音楽を聴きたくて呼び寄せたんだろうな、と思いました。そう思わずにはいられない心を揺るがす音でした。また聴きたいです。
Posted by たかこ at 2009年11月30日 21:58
*たかこさん*
コメントありがとうございます!
披露宴で聞くほりっち先生のピアノは、また格別でしょうね♪
私もほりっち先生はお伊勢様に呼ばれたんだと思いました☆
ミラクルほりっち先生の今後の活動が楽しみですね!
Posted by ほあしまり at 2009年12月04日 23:17
わー、結婚式でご一緒だったんですね!!!!!。
自分、緊張しちゃって・・・。お恥ずかしいです^^。
これからも新郎新婦お2人と、自分が兄と慕う大好きな兄のお店、ぐり~んずをどうぞよろしくお願い致します☆。
この文章を書いてくださった、ほあしまり先生に心から感謝
申し上げます!!!!!。たかこさん、本当に本当にありがとうございました。ほりっち
Posted by ほりっち at 2009年12月09日 10:54
*ほりっち先生*
先生!コメントありがとうございます☆
訂正が遅れてまことにごめんなさいm(__)m
各方面で活躍されているようですね!
今度、その結婚式でのお話も
聞かせてくださいね♪
God bless you!!
Posted by ほあしまりほあしまり at 2009年12月10日 02:37
「雲上蒼天」という言葉は、自分の母校の高校の敬愛する大好きな先生からいただいたお言葉で、英語では「Every cloud has it's silver line.」だそうです。今、自分がこうして生かしていただけているのは、先生に出会ってから二十数年間ずっと、深く温かい励ましをいただいて来ることができた
おかげです。先生、いつも本当に本当にありがとうございます。堀内
Posted by ほりっち at 2010年03月15日 12:34
自分は、樋口久美子さまのおかげで、高千穂神社で弾かせていただくことが出来、生れて初めて伊勢神宮へ伺い、久美子さまの伴奏をさせていただくことが出来ました。あまりにも貴い方です。久美子さまが歌われる、アヴェ・マリアを、どうか
世界の方々が、耳にすることが出来ますように。慈愛と悟りに
満ち溢れた歌声が、いつまでも、いつまでも、世界に響きわたりますように・・・。心の底から感謝をこめて・・・。
Posted by ほりっち at 2010年10月21日 12:02
追記
高千穂神社のコンサートの時に、雨にぬれなかった事を書いてくださいましたが、久美子さまも、自分も、同じ事を、コンサートの時に同時に感じていたことが、後で一緒にお話したときに分かりました。あの時の不思議な心象風景は、生涯、忘れることはありません。
Posted by ほりっち at 2010年10月21日 12:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。